文明の利器を使いこなしたい。

過去の私と未来の私に教えたい、今の私が手に入れたせめてもの知識。

電気を消したら電球が割れた

電気を消したら電球が割れました。

電気を消したときに。割れました。

割れた、というより破裂した/爆発したと表現したいような体感でした。

f:id:jinseinomisslog:20190815093312j:image

幸い怪我はありませんでしたが、ビビって持ってたスマホを落として、少し割れました。二次被害

 

 

なんで??と色々調べてみたのでまとめてみました。

 

電球が割れるとき

たまたま電球が不良品

これは確率的にあんまり可能性無い。

電球の定格以上の高電圧がかかった

定格を確認して購入したので可能性低い。計算を間違えてる可能性も若干あるけど、1ヶ月以上着いてたから大丈夫だとおもう。

電球に指紋などの汚れが付着し、温度差ができて割れた

電球を取り付けるときに素手で触ったので可能性ある。

水滴が付着して割れた

水がかかったとは考えられないけど湿度高かったから温度差で水滴が発生した可能性もあるかも?

熱がこもって電球の強度が落ちて割れた

長い時間ずっと電気付けてたから、可能性ある。

スイッチを切ったときに瞬間的な高電圧が流る

……!!!これだ!!!

スイッチを付けるときに瞬間的な高電圧が流る可能性はあるんじゃないか?と思ってたけど、消すときにも瞬間的な高電圧がかかるんですね!勉強になった。

 

 

正しいかは分からないけど、

素手で触った ことで指紋が付着、電球に温度差が出来る→長い時間ずっと電気を付けていた ことで熱がこもって電球の強度が落ちる→スイッチを切る ときに瞬間的な高電圧が流れて、電球が割れた

という流れなのかな…?

正しく合ってるかは分からないけれど、理由が分かってスッキリ!!

 

とりあえず、次の電球はもう素手で取り付けてしまったので…次の次からは軍手を用意しようかな。そしてこれからは、電気を付けている時間の長さに気を付けます。時間はしっかり覚えていないけど、多分前日夕方前〜当日夕方の24時間以上…気にしてなかったからもっとかも。

 

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

真米歐穴群に行ってみた!

f:id:jinseinomisslog:20190814210939j:image

GoPro映えを求めて、

鹿児島県霧島市の【真米歐穴群】に行ってきました。

◽︎神秘の空間☆真米甌穴群 | 霧島市観光協会

 

 

 

鹿児島空港から約35分

【大出水の湧水】から約15分のところでした。

↓【大出水の湧水】の記事はこちら↓

大出水の湧水に行ってみた! - 文明の利器を使いこなしたい。

f:id:jinseinomisslog:20190814211945j:image

 

ここはすごく分かりにくかったです。

国道50号線沿いに看板があり、そこからより狭い道へと入って行きます。

f:id:jinseinomisslog:20190814213141j:image

f:id:jinseinomisslog:20190814212340j:image

 

 

看板通り入って行くと、しばらくは山道…!

f:id:jinseinomisslog:20190814214653j:image

 

 

しばらく進むと、看板が見えてきました。【真米歐穴群】とは書いて無かったので不安に思っていましたが、看板通りに進んで行くと

f:id:jinseinomisslog:20190814215453j:image

 

 

 

ありました…!!!
f:id:jinseinomisslog:20190814215510j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814215457j:image

 

【天降川流域の火砕流推積物】=【真米歐穴群】でOKみたいです!

 

 

ここには駐車場が無いので、少し広めなところに路駐。3台ほど停まってました。⚠️他の車が通れるように停めましょう。

 

 

車を停めて看板通りに進みます。結構けもの道でした!足元には気を付けてください。

f:id:jinseinomisslog:20190814215500j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814215505j:image

 

 

橋を抜けて左側へ行くと、歐穴群、見えてきました!!更に奥へ行くと、滝も!!

f:id:jinseinomisslog:20190814221748j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814221803j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814221742j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814221751j:image

f:id:jinseinomisslog:20190822144343j:image

 

 

 

 

道が分かりにくく少し悩みましたが、到着したらとても素敵な場所でした!!

↓近くの【大出水の湧水】の記事はこちら↓

大出水の湧水に行ってみた! - 文明の利器を使いこなしたい。

 

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

 

大出水の湧水に行ってみた!

f:id:jinseinomisslog:20190822141940j:image

GoPro映えを求めて、

鹿児島県霧島市の【大出水の湧水】に行ってきました。

◽︎大出水の湧水|鹿児島県観光サイト/かごしまの旅

◽︎大出水(おおでみず)の湧水 | 霧島市観光協会

 

 

 

 

鹿児島空港から約20分

f:id:jinseinomisslog:20190814203620j:image

住所:鹿児島県霧島市横川町下ノ

国道481号線沿いに、大出水の湧水への道への看板がありました。

f:id:jinseinomisslog:20190814203305j:image

 

国道ですが、それなりに山道。ドキドキして入って行きましたが、看板を見つけて安心。合ってました!!

看板通りの道へ進むと整備された駐車場が。

f:id:jinseinomisslog:20190814205001j:image

f:id:jinseinomisslog:20190814205221j:image

駐車場の目の前には、湧水のポンプ。

地元の方かな?って人が2組来て湧水を取りに来ていました。空のペットボトルに、湧水を汲んで飲んでみました。美味しい…!!

 

ポンプの奥は階段になっていて、階段を降りると素敵な景色が広がっていました。透明度が高い!!真夏でしたがとても冷たかったです。

f:id:jinseinomisslog:20190814205513j:image

f:id:jinseinomisslog:20190814205814j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814205811j:image
f:id:jinseinomisslog:20190814205808j:image

f:id:jinseinomisslog:20190822142111j:image
f:id:jinseinomisslog:20190822142115j:image

 

 

 

とても素敵な場所でした!!

↓ここから近い、真米歐穴群の記事はこちらから↓

真米歐穴群に行ってみた! - 文明の利器を使いこなしたい。

 

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

桜島納涼観光船に乗ってみた!

鹿児島県【桜島納涼観光船】に乗ってみました!

f:id:jinseinomisslog:20190813140254j:image

 

 

 

船から花火が見たい!!

旅行先で船から花火が見てみたい!!検索ワード「花火」「船」「鹿児島」でヒットした桜島納涼観光船】

http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/cruise/noryo.html

 

旅行先、天気も分からなかったので当日券に挑戦!

鹿児島の観光は、レンタカーで行動する予定なので駐車場も検索。乗船場所に桜島納涼観光船用の臨時駐車場完備されていました!

f:id:jinseinomisslog:20190813134201j:image

画像:http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/cruise/noryo.html

詰め込み式で約80台、詰め込み式なので途中出庫はできません。17時頃から、鹿児島港の航送車両待合レーンにいる警備員さんに「納涼観光船に乗りたい」と伝えると案内してくれます。ハザードを付けたまま進んでください。(ハザードの指示も出してくれます。)

航送車両と同じ場所なので間違えないように注意⚠️

 

臨時駐車場に着いたのは17時半頃。既に30台ほど停まっていました。臨時駐車場が満車になった場合には近隣の有料駐車場に停めます。(※駐車場料金の割引はありません※

 

階段を登り、フェリーターミナルへ。

f:id:jinseinomisslog:20190813135632j:image

 

 

臨時駐車場側からフェリーターミナルへ入り、左側奥へ進んでいくとチケット売り場がありました。

f:id:jinseinomisslog:20190813141312j:image

桜島納涼観光船乗り場の最後尾に並ぶ前に、先にチケットを購入!!

中学生以上:1,000円

1歳〜小学生:500円

(※大人1人につき、未就学児1人は無料)

 

 

そして桜島納涼観光船乗り場の最後尾に並びます。

f:id:jinseinomisslog:20190813142345j:image

17時半頃の到着で、②のエリアに並べました。

4階船上横丁(飲食物持込不可/オードブルorお弁当の注文が条件)に予約した人は、列に並ばず乗船出来ます。他にも2F畳席、3Fテーブル席が有料で予約できるみたいです!

18時10分頃には、最後尾が④のエリアになっていました。

f:id:jinseinomisslog:20190813144146j:image

 

 

 

18時30分頃から、乗船開始!

結構広い船内!!

出航の19時ギリギリまでお客さんは乗船していました。

 

そして、出航〜!

f:id:jinseinomisslog:20190813165710j:image

f:id:jinseinomisslog:20190813165648j:image

f:id:jinseinomisslog:20190813170745j:image

海も、桜島も、夜景も、とても綺麗でした。

 

船内1Fは、フードワゴンや金魚すくい・射的など、子どもが楽しめそうな屋台がありました。イベント以外で1Fに居座ることは難しそうです。

2Fは畳席があり、ステージではイベントが行われていました。出航すると司会進行が始まりプチライブなどが行われました。20時頃からはお楽しみ抽選会が。桜島納涼観光船のチケットの番号で抽選されるので、チケットの半券は無くさないように…!

3Fはテーブル席があり、飲食物の売店や自販機、トイレがありました。

畳席/テーブル席の1部は予約席になっていました。予約されていない席や、テラス等に居ることが出来ました。中には、レジャーシートを敷いて場所取りする人も。(選ぶ場所や、荷物が飛んでいかないように注意です。)2F、3Fは飲食物の持込みもOKでした。

4Fはテラス席になっていて、オードブルorお弁当の注文が条件となり、別途乗船料が必要となります。また、4Fへの飲食物の持込みは禁止です。

5Fはオープンデッキになっていました。オープンデッキに登るときには進行方向左側の、外側デッキ階段を使います。また場所取り/飲食は禁止です。

 

 

そして、20時半から花火!!

片側に寄りますと船が傾く恐れがあるため、席から動かないでください」との船内アナウンス。右側からでも左側からでも花火が見えるように旋回してくれます

f:id:jinseinomisslog:20190813182753j:image

まずは進行方向右側で打ち上がりました。その後、船が旋回し反対側でも打ち上げ!!桜島をバックに水上から打ち上げ花火が見れます。

写真は右側からの打ち上げです。距離の関係か、左側の方が大きく見えそうな感じでした。(移動せず、反対側が遠目で見えた感じなので確信は持てませんが。)

 

片側3分ずつ程度、規模は小さめですが『船から花火が見たい!!』という希望は叶いました。花火だけでなく桜島や海、夜景もとても綺麗で、大満足でした!!

f:id:jinseinomisslog:20190813184442j:image

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

中部国際空港セントレアの24時間解放エリアで1晩すごしてみた

f:id:jinseinomisslog:20190808104323j:image

中部国際空港セントレアには、24時間解放エリアがあります。

朝一の便に乗る身としては、ありがたい!

 

24時間解放エリアで1晩、すごしてみました。

 

 

24時間解放エリアは3箇所。

アクセスプラザ(トイレ有り)

こちらは外とも繋がっている構造のため、

空調はほぼきいていません。

f:id:jinseinomisslog:20190807030154j:image

 

写真左側奥に、席がありました。

f:id:jinseinomisslog:20190807030211j:image

 

写真右側奥には、コンフォートホテルと

コンフォートホテル中部国際空港 【公式サイト】

ファミリーマート(24時間営業)があります。

カフェプロントの入口から、ファミリーマートへ入れます。ここにも数席ありました。カウンター席には充電可能なプラグが合計3つ。

f:id:jinseinomisslog:20190807055624j:image

 

 

 

2階到着エリア

アクセスプラザから連絡通路を歩き、2階到着エリアに入るとと、空調がきいてきます。

 

右側が国内線エリア(トイレ有り)

f:id:jinseinomisslog:20190807013755j:image

 

国内線エリアへ向かうと、充電エリアが2つ。どちらも同じかたちでした。手前は3席、奥は5席。

f:id:jinseinomisslog:20190807021558j:image

 

1席にプラグ2つ、USBポート2つずつ。

施設内はfreeWi-Fiも飛んでいます。

f:id:jinseinomisslog:20190807021656j:image

 

席はこんな感じ。他にも壁側に数席設置されてました。

f:id:jinseinomisslog:20190807021513j:image

 

国内線エリアはこんなスペースも。

f:id:jinseinomisslog:20190807060006j:image

手前の薄い茶色は木で硬め。奥の焦げ茶の所は、漫画喫茶のフラットタイプに似た感じ?でした。

奥には自販機もありました。

 

 

 

左側が国際線エリア(トイレ有り)

f:id:jinseinomisslog:20190807021320j:image

 

写真右側が、早速充電エリア。

充電できるテーブルが2つ、両端にプラグとUSBポートが1つずつ。

f:id:jinseinomisslog:20190807060226j:image

 

更に奥へ進むと、もう1つ充電エリアが5席。

f:id:jinseinomisslog:20190807023039j:image

 

1席にプラグ2つ、USBポート2つずつ。

f:id:jinseinomisslog:20190807021656j:image

 

席はこんな感じ。国内線エリアのようなスペースはありません。

f:id:jinseinomisslog:20190807060429j:image

 

更に奥には自販機もありました。

 

 

 

1階ウェルカムガーデン(トイレ有り)

2階と1階を繋ぐエスカレーター、エレベーター、階段は全て利用できます。

こちらは、2階の空調が1階にも届いている程度。アクセスプラザと2階到着エリアの、中間くらいの体感温度です。

 

両端に自販機とテーブル席があります。双方同じ感じ。

f:id:jinseinomisslog:20190807031140j:image

 

双方とも、自販機へ行く途中の通路壁側に席があり

f:id:jinseinomisslog:20190807031214j:image

 

中央はこんな感じ。

f:id:jinseinomisslog:20190807042329j:image

 

左側にLAWSON(24時間営業)もあります。

f:id:jinseinomisslog:20190807060728j:image

 

充電エリアも中央に2つありました。3席と5席。1席にプラグ2つとUSBポート2つずつ。

 

2階で言う国際線エリア側に、トイレがあります。

2階で言う国内線エリア側には、カプセルホテル TUBESq があります。

【公式】TUBE Sq|中部国際空港ターミナルビル内カプセルホテル

 

 

 

2019年8月の平日は、22時頃から旅人が減り、22時半頃から「24時間エリア滞在者」が増えましたが、最終的にも『ある程度いる』くらいの人数でした。近場にホテルが何軒かあり、敷地内にもホテルカプセルホテルがあるから、というのも大きいかもしれませんね。

 

23時半頃から清掃が始まり(気付く場所にいなかっただけでもっと早い時間からかも?)

3時半には出発エリアの電気が着くのが見えました。時間を問わず空港内を警備してる警備員もいました。

素敵な空間をありがとうございます。

 

 

以上、24時間解放エリアは意外と快適でした。ただし、照明も明るく、エスカレーターが喋り、意外と人も通ります。温度も自分の衣服で調整する必要がありました。夏や冬なら特に必要です。

 

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

 

エアアジア(AirAsia)で北海道へ!

名古屋(セントレア)⇔北海道で格安飛行機、エアアジア(AirAsia)に乗ってみた✈️

名前の印象で、国外線しか無いと思っていましたが、名古屋(セントレア)⇔北海道だけ、国内線があるみたいです。

 

出来るだけ費用を抑えて北海道に行きたい!飛行機に乗りたい!

そう考えて飛行機を調べていました。

 

普段からお世話になっている『スカイチケット』さん。

チケットサイトさん的には不本意な使い方かもしれませんが、チケットサイトで調べて出てくる飛行機会社の公式サイトを、いつもシラミ潰しに調べて最安値を探しています。

私は1番使いやすいのがスカイチケット。

国内格安航空券・飛行機の予約はスカイチケット

 

 

 

そして出てくる¥4,980の数字。

え?激安を探していたものの、そんなに安いの??

もちろん人気な時期だったり、直近の日付けだと高くなります。また、曜日や時間によっても値段は変わってきます。

が、少し未来の人気薄な時期であれば、高い日でも片道で1万円を超えない。すごい。

 

嬉々としてエアアジア(AirAsia)公式サイトへ。

Book Flights, Hotels & Activities Online | AirAsia 

 

最安値¥4,980さらに、エアアジアBIGセール開催中には、最安値¥2,050

そこに、空港使用料(¥580)と

支払手数料(クレジットカード/デビットカード:¥500、コンビニ支払い:¥600)で

最安値¥3,130です。私は細かい日程を決めていなかったので、行きの最安値/帰りの最安値で日程を決定しました。

往復¥6,260で北海道に行けちゃいました。エアアジアBIGセールは本当にラッキーでした。セールのタイミングは予告が無いらしく、運が良ければ出会えるでしょう。セールを予想してるサイトもあったので、「エアアジア セール いつ」で検索したら色々と出てきます。

セールが無くても最安値往復¥10,960は十分に安いです。

 

 

 

エアアジアでは、検索時の運賃に空港使用料も含まれます。すごく親切 !!支払手数料に関しては、

BIGメンバーの場合には無料

クレジットカード/デビットカードVISAの場合には片道¥500

コンビニ支払いの場合には片道¥600

でした。必要最低限なのはこの支払手数料のみ。

 

 

オプションには

受託手荷物

受託手荷物ナシの場合には追加料金ナシ(運賃に7kgまでの機内持込み荷物が含まれる)

15kg:1,200円、20kg:1,400円、25kg:1,900円、30kg:2,900円、40kg:5,300円

 

座席指定

指定ナシ:追加料金ナシ

スタンダードシート:600円

ホットシート:700円

ホットシート(クワイエットゾーン):1,000円

 

機内食

6種類:各750円

 

旅行保険

760円

 

オプションセット

バリューパック:2,300円(受託手荷物20kg、スタンダードシート、機内食1食)

プレミアムフレックス:5,000円(受託手荷物20kg、ホットシートまたはスタンダードシート、機内食1食、予約変更×2回、優先チェックイン、優先搭乗、優先受託手荷物受取)

 

 

 

がありました。全てのLCCに言えることですが受託手荷物は予約の際が1番安く、予約完了後の追加で値段が上がり、旅行当日の追加料金では値段が跳ね上がります。

なので、予約の段階でしっかり決めておくのが良いですね。ちなみに私は1週間、15kgで全然余裕でした。帰りも同じです。北海道は欲しいお土産がほぼ冷凍冷蔵だったため、宅配便で送ったので荷物が増えることはありませんでした。

 

座席指定に関しては、同行者と隣・近くに座りたい場合には指定しておいた方がよいでしょう。私は一人旅のため、指定しませんでした。

 

 

 

いざ機内に乗り込むと

スタンダードシートは、ANAJALと比べると狭い印象。乗ったことのある他の国内LCCと比べても、やや狭い印象でした。が、このお値段で北海道に行けるので気にしません。妥当でしょう。

 

 

私は名古屋発は夕方の便を予約したのですが、昼の便から時間が空いているためかチェックインカウンターに人はおらず、出発の2時間前になって受付が開始しました。チェックインカウンター周辺に「何時から受付を開始するか」が明記されています。

私は早く着きすぎてしまったので、時間になるまでセントレアを観光しました。

 

チェックインカウンターの方々も、搭乗員も良い印象でした。

 

 

 

また北海道へ旅行する機会があれば、エアアジアを利用したいと思います。

拙い文章、お付き合いありがとうございました。

 

『星空ナイトツアー』オフィシャル旅館、おとぎ亭光風に泊まってみた

阿智村昼神温泉「おとぎ亭 光風」に泊まって『星空ナイトツアー』参加してきました。

 

↓星空ナイトツアーに参加してきた記事はこちら↓

長野県阿智村、星空ナイトツアーに行ったけど雨天でした!! - 文明の利器を使いこなしたい。

 

 

今回は「おとぎ亭 光風」に泊まってきた記事です!

 

『星空ナイトツアー』オフィシャル旅館「おとぎ亭 光風昼神温泉の旅館 おとぎ亭光風【公式】

 

色々な宿泊施設サイトと比較しましたが、どれも値段変わらなかったので公式サイトから予約しました!

予約したのは、プラン名:【大人気★無料送迎付!】《第1部:チケット込》天空の楽園ヘブンスそのはら 日本一の星空ナイトツアー

 

 

 

 

16:00 チェックイン

  小雨が降っていたのもあるのか、駐車場に到着するとスタッフさんが傘を持ってきて出迎えてくれました!

f:id:jinseinomisslog:20190729195721j:image

 

 

チェックイン後、好きな浴衣を選択。LサイズとMサイズがあり、大きさ比較用の浴衣も用意されていたので背丈を合わせて、選択できました。アメニティも受付に用意されていたので欲しいものを人数分、部屋に持っていけます。

f:id:jinseinomisslog:20190730003204j:image
f:id:jinseinomisslog:20190730003200j:image

 

 

17:00 夕食

  『星空ナイトツアー』の第1部は開始時間が早いため、夕食も早い時間でした。客室と違う部屋での食事のため、大部屋かと思いきや個室!和懐石料理で、順番に料理が運ばれてきました。

f:id:jinseinomisslog:20190729200926j:image
f:id:jinseinomisslog:20190729200545j:image
f:id:jinseinomisslog:20190729200541j:image※お刺身は3人前です。

 

 

18:00 ロビー集合

  おとぎ亭 光風さんは『星空ナイトツアー』会場、ヘブンスそのはらまで無料送迎バスを出してくれます。そして、バス出発前に『星空ナイトツアー』で使える物を無料貸出ししてくれます。公式サイトに明記されていたものは

(人数分)寝袋、シート

(1組1セット)懐中電灯、星早見盤、コンパス、双眼鏡

(数量限定)防寒具

でした。今回は雨天だったため、寝袋とシートの貸出しはありませんでしたが、カッパを貸してくれました。結構寒かったのですが、防寒具とカッパのおかげでしっかり暖かかったです。

f:id:jinseinomisslog:20190730011953j:image

 

18:10 無料送迎バス出発

18:20 ヘブンスそのはら到着

  ショップにはカフェと、たくさんの「星空」グッズが売っていました。自分用にもお土産用にも、とても可愛い!!!お菓子も星風で、どれも素敵でした。

f:id:jinseinomisslog:20190730001736j:image

 

18:40 ゴンドラ乗車

  おとぎ亭 光風のチェックイン時に渡された『星空ナイトツアー』チケット(A4用紙)のQRコードを1枚ずつ提示してゴンドラに乗り込みます。

f:id:jinseinomisslog:20190730003908j:image

 

18:55 ゴンドラ下車(山頂到着)

19:50 移動完了

20:00 プログラム開始

20:30 プログラム修了

↓詳しくはこちら↓

長野県阿智村、星空ナイトツアーに行ったけど雨天でした!! - 文明の利器を使いこなしたい。

 

 

20:44 ゴンドラ乗車

  プログラム修了後一斉に山麓へ帰るため、ゴンドラに乗るのに10分程度の待ち時間がありました。

f:id:jinseinomisslog:20190730103637j:image

 

21:00 ゴンドラ下車(山麓到着)

21:10 無料送迎バス出発

  集合時間・集合場所は、行きのバスを降りる前に教えてくださります。

 

21:20 おとぎ亭 光風到着

  ロビーで、借りたものを返却します。

 

21:25 おとぎ亭 光風出発

  せっかく阿智村へ来たので、ACHI BASEへ!徒歩で3分くらいの距離でした。駐車場もあります。

 

21:23 ACHI BASE到着

  観光案内所に、カフェ(夜はBAR)とショップがある、という印象です。営業時間は10:00~24:00

ランチは11:00~14:00で、17:00からBARになるようです。ここのショップにも「星空」グッズがいくつかありました。ヘブンスそのはらの山麓のショップの方がラインナップは豊富ですが、ACHI BASEはキキララとコラボしているようで、コラボグッズが沢山ありました。

他にも置いている商品が違うので、阿智村に来たからにはヘブンスそのはらのショップもACHI BASEのショップもチェックしておきたいですね!

日本一の星空阿智村のカフェ&バー&レンタルショップ<ACHI BASE>

f:id:jinseinomisslog:20190730105658j:image

 

22:00 おとぎ亭 光風到着

  露天風呂の時間もあるので、早々に帰ってきました。そして客室へ戻ると夜食が!しっかりと見ていなかったので、どのタイミングからあったのかは分かりませんが、とても嬉しいサプライズ!夕食後に布団が敷かれていたので、その時かも🤔?とても美味しかったです。

f:id:jinseinomisslog:20190730110424j:image

 

22:20 入浴

  温泉の時間は15:00~09:00ですが、露天風呂は15:00~23:00と05:30~09:00のため、露天風呂に入りたい場合は時間に注意です⚠️

ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、洗顔フォーム、スクラブ、化粧落とし、化粧水、乳液、ドライヤー、クシと、設備・アメニティもしっかりしていたので着替えがあればOKですね!ウォーターサーバーもありました。

 

00:00 就寝

  就寝前に、ロビー横に置いてあった『水引』『折紙』をいただき、客室でモクモクと遊びました(笑)水引や折紙の他にも、受付に伝えればUNOやオセロ、百人一首等々も借りれるみたいです😳

f:id:jinseinomisslog:20190730113909j:image

 

 

06:30 昼神温泉 朝市

おとぎ亭から徒歩5分圏内で、6:30~8:00に朝市が開催されていました。採れたて野菜や果物、名産品が並びます。

 

07:00 朝風呂

08:00 朝食

  朝食の時間は、チェックイン時に(7:00/7:30/8:00/8:30)から選択できます。

f:id:jinseinomisslog:20190730112810j:image

夕食も美味しかったですが、朝食も美味しかったです!!白米はオカワリができました。

 

10:00 チェックアウト

会場への送迎や、必要品の貸出、夜食、伝統工芸体験と、とてもサービスの手厚い旅館でした。

 

 

ちなみに予約したのは部屋タイプ:【和室10畳+踏込3畳+広縁】の1室。

引き戸を開けると踏込があり、客室には床の間と広縁、トイレ、洗面所、シャワールームがありました。想像していた以上に広かったです。

f:id:jinseinomisslog:20190730115216j:image

f:id:jinseinomisslog:20190730115225j:image

f:id:jinseinomisslog:20190730115233j:image

 

 

大満足の1泊でした!この夏は是非「星空ナイトツアー」チケット付き、おとぎ亭 光風へ🌟

 

 

 

拙い文章、お付き合いありがとうございました。